EVANS

172608
名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

無題 - 敏腕なんたらがっど師匠。。

2017/02/21 (Tue) 01:09:01

書き込みしないとダミだよぉ~。
見ている人はかなり居るんだから。(たぶん)
まぁ~、元気なのは聞いているけどネ!

ちなみに・・・新作映画はありましぇん。^^;
なんとかしますw

Re: 無題 - 敏腕なんたらがっど師匠。。

2017/03/09 (Thu) 23:44:06

むむむ。。。音沙汰ない。。。

まさかね。。w 

無題 HIRO

2017/01/20 (Fri) 21:43:43

詳しい解説ありがとうございます。アカデミー賞作品はやはり見ごたえありますね。お正月の機関にミリオンダラーベイビーも放送されていました。イーストウッドはいい役者ですがトランプ支持者とは意外でした。

Re: 無題 - 店主

2017/01/22 (Sun) 08:53:10

書き込みありがとうございます。映画はジャズと同アメリカにとっての誇る最も誇るべき文化です。日本が戦後間もない1943年に公開された『錨を上げて』という映画を観て愕然としたのを鮮明に覚えています。この映画はジーン・ケリー、フランク・シナトラ主演のミュージカル映画ですが、その中でジーン・ケリーとアニメの『トム&ジェリー』のジェリーがダンスで共演するシーンがありました。終戦からわずか3年後のことです。
実写とアニメの融合なんてびっくりです。日本はこんな国と戦っていたんですね。

Re: 無題 HIRO

2017/01/22 (Sun) 18:27:23

 全く同感です。
ジーンケリーといえば「雨に歌えば」でしょうか。これも名作ですが当時このような映画が作れること自体が素晴らしいと思いました。ミュージカルといえば私はマイフェアレディーです。学生時代に英語劇で演じたこともありますが何よりもコックニーイングリッシュに大変興味を持ちました。残念ながらNYでの舞台上演を見逃してしまいましたが作品のセリフはよく覚えたものです。

無題 HIRO

2017/01/17 (Tue) 20:07:56

コッポラの作品であるゴッドファーザー(1)(2)(3)はどのようにご覧になられたでしょうか?確かに映像、話の展開はワクワクしますが見終わった感想はアメリカ社会に潜む恐ろしいマフィアの世界でしょうか?それも今から40年以上前に作られたものですから驚くばかりです。なぜか伊丹十三さんの作品をふと思い出しましたが・・・。映画の中の対話はイタリアなまりの英語のため語学学習の意味ではあまり進められない作品なのかもしれませんね。

Re: 無題 - 店主

2017/01/19 (Thu) 17:34:20

書き込みありがとうございます。【ゴッドファーザー】はコッポラの最高傑作のみならず、映画史上に残る大傑作だと思います。HIROさんのおっしゃるとおりパート2が一番見ごたえがありますね。

私はこの作品、マフィアの抗争を軸にはしてはいるもののコルネオーネ家を通して織りなす人生の綾に深い感慨を思わざるを得ません。手段はさることながら、家族愛、イタリアはシシリー島出身の仲間愛などをスクリーンで見ながら、いつも『人生の綻び』を感じます。その綻びは修復されるものではなく破れるてしまうのが悲しい。ニーノ・ロータの音楽もその思いを相乗させます。

TAXI DRIVER HIRO

2017/01/14 (Sat) 03:22:59

今日もこの映画がBSにて再放送。何度見ても感動を覚えます。画像の追い方、曲の挿入方法など実に素晴らしいですね。サックスの響きがこの映画を実に盛り上げています。最近このような映画がないのがちょっと残念です。

Re: TAXI DRIVER - 店主

2017/01/15 (Sun) 23:36:06

HIROさん書き込みありがとうございます。コッポラ&デニーロに匹敵するスコセッシ&デニーロの素晴らしい作品のひとつでしたね。

ニューヨークの都会の喧噪と闇が見事に描かれていました。名前は失念しましたがこの後しばらくしてあのサックス奏者は残念ながら亡くなっていると記憶しております。

それにしてもデニーロの【狂気】を演じる役にはそのうまさにゾクゾクします。

世界は日の出を待っている - 店主

2017/01/01 (Sun) 22:39:57

新しい年を迎えました。旧年中は皆様には本当にお世話になりました。ありがとうございました。
今年は体調不良にならぬように十分気をつけて日々過ごしたいと思っております。
何とぞよろしくお願い申し上げます。

           jazz&booze Evans 知工 健一郎

Re: 世界は日の出を待っている HIRO

2017/01/10 (Tue) 21:57:05

「世界は僕らを待っている」という映画を思い出させてくれたこのタイトルです。(ザ・タイガース、島ひとみ主演)大晦日から元旦にかけてゴッドファーザー3作品が9時間連続で放送さrていました。やはりなかでもPART 2 のデ・ニーロの演技が光っていました。最近はこのような映画がないことがとても残念ですね。

Re: Re: 世界は日の出を待っている - 店主

2017/01/12 (Thu) 22:21:16

書き込みありがとうございます。『世界は日の出を待っている』は古くからあるデキシーランドジャズのナンバーのひとつなんです。賀状によく使っておりました。コッポラ、デニーロ最高ですね。ちなみに最近観た作品で結構気に入ったのは【チャップリンからの贈り物】でした。

オール・アローン - 店主

2017/01/05 (Thu) 22:31:13

夢を見た。  沈んでいく自分。  水色く、青く、蒼く、群青く…。
どうやら行き着いたのか。
周りを見渡す。  なぜか温もりに肯いて目を閉じた。

Re: オール・アローン - 新規一転のお飾りテナーマン

2017/01/08 (Sun) 00:51:09

Embraceable You~Cool Blues
新年LP初演。不死鳥の降臨と乱舞と睥睨。
温もりどころではなかった、焦げちまった。
ぼっち・ボッチ・やって行きましょう、今年も。

Re: Re: オール・アローン - 店主

2017/01/09 (Mon) 03:16:25

ご無沙汰しております。お心遣い感謝申し上げます。今冬はそちらも多積雪。余計な仕事が増えて大変でしょう。どうぞご自愛の程を。

久しぶりの映画 - 店主

2016/12/10 (Sat) 23:44:47

今日20数年ぶりに【レナードの朝】を再鑑賞する。主演は店主が大好きなロバート・デニーロ。そしてロビン・ウィリアムズだ。デニーロの役づくりの凄さは若き時代に出演した【レイジング・ブル】や【タクシー・ドライバー】ですでに言うまでもないが本作【レナードの朝】も特筆すべきものだ。

演技のすばらしさにいつもながら感心して観ていたら、以前劇場で見過ごしていた共演者にびっくりした。それはテナーサックスの巨人デクスター・ゴードンだ。少し調べてみたらこの映画は1990年公開だった。ゴードンが亡くなったのが同年なので前の年に撮影したものなのだとしてもほとんど最晩年の彼の姿だと思われる。

亡くなる4年前に公開されたバド・パウエルをモデルにして制作された【ラウンド・ミッドナイト】ではアカデミー賞主演男優賞にまでノミネートされた熱演ぶりが話題となったが、昔ジャズを題材にしたベニー・グッドマンやグレン・ミラーの半生を描いたフィルムに出てくる名だたるジャズ・メンの演技とは比べることのできないもので片手間の俳優としてではない非凡さを伺いしれるもので、あらためて感心した次第。

Re: 久しぶりの映画 HIRO

2017/01/08 (Sun) 22:48:36

この映画は何度見ても感動させられます。2名の名俳優の演技が光ります。英語のタイトルが’’AWAKENINGになっている理由が最後まで見ることによって理解できますね。

Re: 久しぶりの映画 - 店主

2017/01/09 (Mon) 03:06:20

HIROさんお久しぶりです。書き込みありがとうございます。原題『Awakening』は本当にいいタイトルですね。この頃の作品の中では群を抜いた演技でデニーロ自身も「特に力が入った」と語っていたインタビュー記事を見たことがありました。デニーロ渾身の役者魂を垣間見た思いです。

ご無沙汰しております 三匹の猿

2017/01/05 (Thu) 17:44:43

マスターご無沙汰しております。1月30日、士別に行きます。もし、エバンスが開いてたら、お目にかかりたいです。

Re: ご無沙汰しております - 店主

2017/01/05 (Thu) 22:34:09

こちらこそ。開けますとも。何があっても!

Re: ご無沙汰しております 三匹の猿

2017/01/06 (Fri) 10:27:08

嬉しいです。士別は寒い日が続いているでしょう。どうかお体ご自愛くださいね。

Re: Re: ご無沙汰しております - 店主

2017/01/06 (Fri) 17:25:09

ありがとうございます。楽しみに待っております。お気をつけてお越しください。

黒の疾走 - 店主

2016/12/21 (Wed) 23:48:00

進み  突き進み  進む  拡がり  狭まり  迫る
どこに向かうのか  そこに終わりはあるのか。

    〈ブルース・マイナー〉を浴びて
            『アフリカ・ブラス/ジョン・コルトレーン(インパルス)』より

ロシアンティー - 店主

2016/12/20 (Tue) 22:51:24

窓下の雪  アラジンの炎  両方切りのキャメル  〈マイ・リトル・ブラウン・ブック〉に微々たる嫉妬
そして一口飲む。

  『デューク・エリントン&ジョン・コルトレーン(インパルス)』から


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.